続・名古屋最古の商店街を歩く。

2019.12.06

こんにちは。
名古屋支社のライター、ナカハラです。

前回の記事では、『円頓寺本町商店街』をぶらつきましたが、今回はその先にある『円頓寺商店街』まで足を伸ばしてゆきたいと思います。
まさか本当に引っ張るとはね……。
決してネタが浮かばなかったわけではございませんよ!

さて円頓寺商店街へ足を踏み入れると、さすがはメイン通り。
道行く人の数も増し、様々なお店が軒を連ねます。

オシャンティなイタリアンバールが店を構えていると思えば

このように風情の漂うお土産屋さんも。
なんだか名古屋の地域性が凝縮されているかのようです。

ステッキコーナーには、こちらのシュールなひと言。
「足腰が弱ってきたし、そろそろ杖が必要かも……?」
「だけどいかにもな高齢者になってしまうようで、踏ん切りがつかない」
そんな悩めるシルバー世代に
「ステッキを持つことは、むしろおしゃれなんですよ」
と、勇気を与える名コピーなのかもしれません。

到着しました長久山圓頓寺。
なかなかご立派ですが、商店街がにぎわいを見せている一方、ここを訪れる人はそれほど多くない模様。
かつては人々の信仰心を基軸として栄えたものの、時代とともに価値観はうつろい、より物質的な刺激が求められる世の中に……。
おっと物思いにふけっていたら、そろそろいい時間。
お昼休憩はここまでにして、ぼちぼち会社へ戻るとしましょう。

サンキュー豊太閤!

さて名古屋支社ではただいま、動画カメラマンとして活躍してくださる方を募集しております。
クリエーションに対する熱意さえお持ちであれば、未経験者でも大歓迎!
当社で経験を積み、秀吉のように一花咲かせようではありませんか。

未来の英傑からのご応募、お待ちしております。

カレンダー

« 12月2020年1月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る